お花見は春の桜の季節に集中するイベントですね!どんな楽しみ方があるのでしょうか?

お花見の歴史は古代からあった

お花見だんごの3色の意味は?

「花よりだんご」ということわざがあるように、お花見には団子を食べる!という風習はかなり古くからあったようですね。
そして「お花見だんご」が現代のような庶民にも定着してきたのは江戸時代からのようです。
豊臣秀吉が大茶会(醍醐の花見)を春に開いた時、お茶菓子として振る舞うために、日本中の甘味を集めて披露したことが由来とされています。
また、団子好きだった秀吉が、見た目も美しくほのかに甘い三色団子を考案させたとも言われています。
それでは団子の三色の意味はというと、いくつか諸説はあるのですが「季節」を表している説を紹介したいと思います。
ピンクは桜の色なので春、白は雪の色なので冬、緑は新緑の色なので夏ということですね。
えー!秋がないのでは?これには「飽きない」と「商い」をかけて、いくら食べても飽きないだから商売が繁盛するという団子屋さんのユーモアなのだという説があります。

お花見だんごの並ぶ順番について

お花見だんごの3色には並ぶ順番も決まっていて、上から順にピンク・白・緑です。
これにも2つの説があります。
その一つ「桜が咲く様子を表している説」は、赤いつぼみがついた後、白い花が咲き、花が散った後は緑の葉が成長するという、桜が咲く順番を表しています。
もう一つ「早春の大地を表している説」は、空には太陽、まだ少し残る残雪、その残雪の下には新緑が芽吹いているという大地の様子を表しています。
このように待ち望んでいた春を表現している様は、とても風情があり日本人らしい表現の仕方だと感じるのではないでしょうか。
そして時は流れても、今も変わらず存在し続けている「お花見だんご」!…なんだか愛おしさも感じられてくるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る